2013年08月26日

ウェディングドレス選びのコツ

綺麗な花嫁になるには、ウェディングドレスは欠かせないアイテムだと思います。でも、自分に合うウェディングドレスを選ぶのは難しいです。ドレス選びでは、デザインや予算などを考えなければならないのです。

出典:ウェディングドレス 通販サイト「vitabella
ウェディングドレスを選ぶ際は、ドレスのデザインを重視する人が多いです。一生の思い出に残るから、やっぱり自分にぴったりのものを着たいですね。ドレスは「見て」気に入っただけでなく「着て」似合うことがポイントなので、両方の要素を満たしたドレスが見つかるまで何着も試着することは、決してめずらしくありません。

ドレス選びで、「予算内でおさめたい」という花嫁も少なくないです。ドレス選びをする段階は、結婚式準備が本格的になっているころかもしれません。招待客リストや会場設営費など、具体的な予算が次々と出てきて、「もうこれ以上は費用をかけられない」という現実が目の前に見えてきます。予算を考えて、レンタルを選ぶ花嫁もいます。

デザインや予算以外に、結婚式のスタイルや会場、季節などを考えて、ドレスを選ぶ必要もあります。今では、キリスト教教会式を挙げる人は多いですね。神聖な場所ですから、肌の露出を抑えたドレスがベターと思います。  

Posted by dafygu at 16:47Comments(12)TrackBack(0)

2013年08月22日

ウェディングベール選びのポイント

花嫁にとって、自分にあった衣裳をを選ぶのは楽しみのひとつです。一生に一度の晴れ舞台ですから、自分らしさを演出してくれるものを着たいですよね。ウェディングドレスが決まった後のウェディング ベール選びも大切です。多くの女性にとって、ベールを身に纏った花嫁の姿が幼い頃からの夢ですよね。今回はウェディングベール選びのポイントについてご紹介します。

出典:vitabella
1、ドレスの色にあわせて選ぶ
ドレスと同系色にすることがベールの色選びの基本です。青みのある真っ白で純白なホワイトドレスであれば、ホワイトのベールがおすすめです。アイボリー・シャンパンゴールドドレスの場合は、アイボリーのベールを選べば良いです。違う色にするとどちらかが浮いてしまいますので注意が必要です。例えば、オフホワイトドレスが決まったら、ホワイトのベールを避けた方がいいと思います。同系色のオフホワイトベールにしましょう。

2、会場に合わせて選ぶ
結婚式の会場に合わせて、相応しいベールを選ぶのが重要です。
教会などのバージンロードが長い会場
オススメはやっぱりロングベール。ベールの中で最も正装です。後ろ姿とても美しく荘厳な場所にとてもあいます。大聖堂の様な広い会場ではベリーロングにするとゴージャスです。
レストランやガーデンなどカジュアルに動き回る会場
オススメはショートベールです。カジュアルなイメージですが、挙式だけでなく、披露宴中に付けていても邪魔にならないので、挙式・披露宴の両方で活躍します。

3、ベールの柄選び
ウェディングベールの柄を選ぶ際はウェディングドレスの雰囲気を考える必要があります。シンプルで飾りが少ないドレスの場合は、刺繍が入った豪華なマリアベールなどがオススメです。逆に、飾りが多いドレスなら、ドレスの飾りの柄と同じ装飾が入ったベールを選ぶとベストマッチします。また、飾りが多いドレスの場合は細めのレースなどシンプルなベールも似合います。

ウェディングベールの種類が豊富です。自分にあったものを選べば、ドレスの魅力をぐっと引き立てることができます。
  

Posted by dafygu at 17:38Comments(12)TrackBack(0)